忍者ブログ
作文のあとがきやら、雑記やら。
[46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「月の柩」第9話「新月の月曜日」更新しました。
あんまりにも久々過ぎるせいで楽●の広告がでているので、サーチ更新は明日以降です(苦笑)

毎回恒例のタイトルのモトネタはDuran Duranの「New Moon On Monday」より。
前回のタイトルをこっそり改題しての、今回のタイトルです(笑)

以下は今回の反省文となります。
若干のネタバレ含みますが、興味のある方はどうぞ。



今回は久生雨蘭と牧静眞の再登場、所謂幕間(後々彼らには文字通り、死にそうになるほど働いて貰うことになりますが)。
もともとは、このふたりが主役で、ミステリーとホラーのほぼ中間を狙った作文を書こうとしていました。平たく言うと、鬼みたいに強い師匠に、中途半端に異能のあるヘタレの弟子が振り回されて、ひたすら悲鳴を上げて気苦労が絶えないというだけの、身も蓋もないような退魔物。
それが纏まらなかったので、同一の世界観、設定で視点をもう少し脇にスライドさせる形で、黒岩流香という女の子を主人公として今作に至ります。

その原型について、今話で少しだけ触れているわけですが、そういう意味では彼らは流香や哉生とは別の、もう一方の主役と言ってもいい立場ではあります。こちらも「月の柩」が進むにつれて形にはなってきましたので、そのうちにお出しするつもりで考えております。内容的には色気がありませんし、軽くグロ入りますので誰得だよって話ではあるんですけど。

さて、今回「月の柩」更新予定分は、あと2話ほど予定しております。
それでは、また近いうちにお目にかかれますように。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Copyright (c)record & memo All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]