忍者ブログ
作文のあとがきやら、雑記やら。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お待たせいたしました、「冥府の王は恋を謳う」最新話更新です。

前回最終更新日は見なかった! あー見なかった!(笑)……というのは冗談として、本当に長い間、お待たせしてしまい、申し訳ありません。いつも拍手にて続きはまだかメッセージを下さっていた方々に、気長に待って下さってありがとうございます。
ご意見・感想などお聞かせいただけましたら望外の喜びであります。


後書きという名の反省文は一区切りついてからということで。
今回は二時間ドラマに於ける10時半あたりからの断崖絶壁トーク展開。取り敢えず、エーレンベルグ大佐はコリン・ファースで脳内再生してもらえると嬉しいです(笑)

さて、今回から2章終わりまで当面は「冥府の王~」のみ更新でいきます。
当面シーンが所謂3way展開(ユリウス、歌恋、バルテル+檀)になるので、ごちゃごちゃさせないようにテンポ良く行きたいものです。

それでは、また近いうちにお目にかかれますように。


 

拍手[3回]

PR

●bookmark追加
「小説家になろう」とすぴばるにてお付き合いいただいております、らみ様の小説ページをお迎えしました。作品のひとつ、「トリーの歌う、愛のうた」は反則レベルの可愛さであります。未読の方は、是非ご一読をオススメいたします。

●novels更新
来様の「宿らせ恋劇」のお子さんをお借りして、拙作「月の柩」とコラボした駄文を今回更新いたしました。最初はtwitterでの私の馬鹿つぶやきに来様がイラストを描いて下さって……という流れに調子に乗った馬鹿が、来様のお子様であるキハル君が流香を、楠さんが哉生を演じたらどうなるかという内容で駄文を書かせて頂きました。まあ、私の駄文はまあさておきですね(ちょっとホモォ…な感じですので、苦手な方はご注意下さい)来様のお美しいイラストは必見でございますので、是非ご覧になって下さいね。


さて、年明けのご挨拶もまだしていなかったんですが、今年は年明け一発目からデヴィッド・ボウイ死去で、もう私の2016年は既に終了したようなもんなんですが。30年以上ファンをやっていることを知っている知人友人からはあれこれ心配されていたんですが、いやいや、いい年してボウイロスとか惰弱なことは申しません。でもデビボについて語れっていわれたら、1日はゆうに語り倒せますとも。それくらいには好きなアーティストです(´Д` )
アルコールにドラッグ、家族の自殺によって芽生えた内なる自身への恐怖、何よりも聴衆の求めるRock'n Roll suicideへの誘惑(つまりジム・モリスンやカート・コバーンのような偶像化である)といった、あらゆる形の死のイメージが常に彼には付き纏っていたわけで。そんな彼が公式発表にあるように、家族に囲まれて安らかな最期であったのなら、それは良かったんじゃないかと思うんですよ。
さしあたって私に出来ることといえば、年末から続けている大量のCD棚・本棚の整理を済ませて、今後予想される、ボウイの追悼アルバム、全アルバム再発版の発売に備えること。
彼の御魂が安からんことを。

拍手[0回]

12月も押し迫っていることに気付いて、ご挨拶です。相変わらず息してるんだか、何だかなサイトではありますが、今年もお付き合い下さってありがとうございます。
かの平野耕太先生の最近のツイートを引用するに「私には壁のしみを数える崇高な仕事がある」ため、サイトにクリスマスだの年末年始等の期間限定企画は無縁、日々の本業と副業に翻弄されつつ、ささやかなアクシデントと思わぬラッキーに一喜一憂し、時折返事のないただの屍のフリをしたくなるような心境になりつつ、まあ何とか生きております(笑)

さて、今後の作文の予定について少々。
現在は「冥府の王は恋を謳う」の最新話書いています。……半分くらいできたかなあって所ですが、私の場合はここからが長いorz どうでもいいことですが映画「Kings Man」の影響か、エーレンベルグ大佐が脳内でコリン・ファースで再生されてます(^^;)

そして、実はこっそりと別の新作を書いておりました。どちらの話も格闘戦が続き、色気があまりにもなさ過ぎるので、痺れを切らした・ストレスを溜め込んだ奴が潤い成分を求めて、息抜きタイムにもそもそと書き溜め中です。タイトルが決まってないのと、5・6話くらいで納まる中編の方向でやっているので、全部完了した時点でお出ししようと思っています。…や、それより先に「冥府の王~」なんですけどね。もちろん。

色々とヘタレた近況と微妙な野望を書き連ねましたが、今後も平常運転でやっていきたいと思います。時々思い出したように、お暇潰しにでも覗いていただけましたら、幸いです。
それでは、また近いうちにお目にかかれますように。良い年の瀬をお過ごし下さいませ。

拍手[2回]

responseにいただいたメッセージのお返事をしております。
お心当たりのある方は、覗いてやって下さいませ。


◆◆


昨年から断捨離&部屋の模様替えをやってるわけですが、古いものを棄てると、例えばそれが生活必需品である場合は、当然ですが新しく買い替える必要がでてきます。
今年の春に奮発して、低反発のでっかいラグマットを買い、その時にこれまで使っていた小さくて煎餅の様に薄いホットカーペットを廃棄しました。ラグマットよりかなり小さかったことと、もう10年近く使っていたので調子も悪かったですし。新しいホカペはその時考えりゃいいわ~くらいの感覚で、そのホカペとお別れ。そして約半年後の先月末、10月末の唐突な冷え込みで、お約束のようにすっかりホカペの準備を忘れていた私は1週間ほど布団の上で過ごす羽目に。……や、ラグマットが冷たいんですよう、平たい顔のにゃんこ族の、ひまりん様すらお近づきにならないほどに。慌てて楽○で購入し、ようやくニューホカペを設置しましたが、今度は9月並の暑さに逆戻りとか、なめとんのか。更にはこの気候の変化で体調も崩して、月曜は会社を休み、ふて寝しておりました。

そんな中、ふて寝を醒ます大事件が。

リンク切れのご報告をいただきました。「冥府の王~」の全話リンク切れとか、何やってんだよ、自分orz 現在はすべて修正しております。ご迷惑をおかけして、申し訳ありませんでした。
ご指摘いただきました、Tさま、ありがとうございました。

さて、作文については現在、件の「冥府の王は恋を謳う」書いてます。
BGMにAdeleの「Skyfall」とDoors「the End」聴いてますが、どっちも歌い出しは「これで終わり」。……つまり、そういう内容だと言いたい所なんですが、ただの二時間ドラマの10時半ごろみたいな展開になっているとしか思えんです…orz

拍手[1回]

更新その1
bookmarkに一件お迎えいたしました。「小説家になろう」にてお世話になっております、真野英二様のページです。
テンポの良い展開と、またそれを邪魔しない、ほどよい蘊蓄の配置が絶妙であります。最後まで一気に読み進め、最後まで飽きさせない作品ばかりです。是非ご覧になって下さいね。

更新その2
「月の柩」最新話更新しました。これにて第3章終了であります。
あとがきのような言い訳は以下に折り畳んでおります。若干のネタバレがありますが、興味のある方は続きをどうぞ。


拍手[0回]

次のページ   ≫
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Copyright (c)record & memo All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]